Archerの春秋

英語の翻訳や格闘ゲームをする人が、中国古典について書いています。

王引之

 先日、とあることで野間文史「読五経正義札記」(『東洋古典学研究』第8号)を読んでいた。『毛詩正義』に複数回登場する「王述之」および服虔『春秋左氏伝解誼』の引用を例に、『五経正義』の疏文における人名・書名、ならびに佚書の引用範囲の確定について論じたものである。

 「王述之」について、まず野間氏は自らが目睹した『毛詩注疏引書引得』(哈仏燕京学社、1937年)がこれを人名としていることを挙げ、『隋書』経籍志にその名が確認できることを示す。次に、「王述之」を含む疏文を馬国翰『玉函山房輯佚書』が「毛詩王氏注」として収録していることを指摘し、人名ではなく「王(粛)之を述ぶ」である(無論、清儒が訓読するわけはないのだが)ことを挙げる。

 この後、野間氏は「王述之」は後者が正しいことを論証するのであるが、長々と書くのも気が引けるので割愛。それよりも、管理人の興味を引いたのが野間氏の最後の言である。

 漢文世界でよく引き合いに出される「王引之」を「王 之を引く」と訓んだという笑い話(?)を、筆者はなかなか笑う気にはなれないのである。

 この話題は、中国学・漢文に興味をお持ちの方なら一度は耳にしたこと(あるいは目にしたこと)があるのではないだろうか。清儒の王引之(おう・いんし)を人名と判別できず、誤って訓読したのが「王 之を引く」である。

 それでは、「王述之」のように、誤りではなく「王 之を引く」と読める「王引之」は無いのだろうか。

王喜說、報博書曰、乃者詔下、止諸侯朝者、寡人憯然不知所出。子高素有顏冉之資、臧武之智…(『漢書』卷八十 宣元六王傳)

【顔注】顏、顏回也。冉耕也、字伯牛。皆孔子弟子。論語孔子曰、德行顏淵・閔子騫冉伯牛・仲弓。臧武者、魯大夫臧武仲也、名紇。論語孔子曰若臧武仲之智、故王引之為言也。

 ここでは、前漢末の淮陽憲王(劉欽)が張博のことを顔回と冉耕、臧武仲に擬えている。『漢書』注釈者の顔師古はこの評価が『論語』の孔子の言葉を典故としていることを挙げ、最後に「故王引之為言也」と注している。

 この「王引之」は文脈からも、そして唐代の顔師古の注であることからも清儒の王引之とは読めず、「故に王 之を引きて言を為すなり」と訓ずべきであろう。笑い話ではなく王が引用している、確かな例である。