Archerの春秋

英語の翻訳や格闘ゲームをする人が、中国古典について書いています。

荊州における范蠡

 范蠡といえば、春秋時代の越に仕えて越王勾践が呉を滅ぼすことに貢献した名臣として著名である。『史記』では引退後に巨万の富を得た商人として描写され、また『漢書』芸文志には兵家としてその名に仮託されたと思われる「范蠡二篇」が見える。

 他の先秦期の人物同様、後代に様々な伝説が付加されていった范蠡であるが、昨年に中華書局より出版された黄恵賢『校補襄陽耆旧記(附南雍州記)』(初出は中州古籍出版社、1987年)を読んでいると興味深い記事が目に入った。

峴山南有習郁大魚池,依范蠡養魚法,當中筑一釣臺。(『太平御覧』地部 池溪壑引『襄陽記』)

 峴山の南には光武帝期の習郁(『襄陽耆旧記』【『襄陽記』】の編者である習鑿歯の祖先)の大魚池があり、習郁は范蠡の養魚法にならい、釣台を築いたという。

 『文選』に収録される張協「七命八首」の李善注には「陶朱公養魚経」なる書物が引用されている(『隋書』経籍志では「陶朱公養魚法」)。成立時期は不明ながら、斉の威王に蓄財の術を聞かれた陶朱公が鯉の養魚法でもって答える内容となっており、范蠡に養魚家としての性格が付加されていたことがわかる。

 上述の逸話は東晋期の『襄陽耆旧記』に収録されているのであるが、南北朝期には范蠡荊州の出身者とする認識があったらしい。やや時代が下るが劉宋の盛弘之『荊州記』は荊州范蠡の墓があり、宛の出身であったとしている。

荊州華容縣西有陶朱公冢,樹碑云是越范蠡范蠡本宛三戶人,與文種俱入越,吳亡後,自適齊而終。(『史記』越王句践世家『正義』引『荊州記』)

 また『呂氏春秋』二月紀の高誘注には「范蠡,楚三戶人也,字少伯」とあり、後漢(下記の【追記】参照)には范蠡が当時の荊州出身とする説が既に存在していたようだ。

 『国語』や『史記』に拠る限り范蠡の出身地は不明であり、引退後には斉で財を成して陶で鬼籍に入る。荊州に繋がりがない范蠡が同地の出身とされ、また最後の地とされ、さらには養魚を媒介として地元累代の豪族である習氏と結びつけられていくその展開は、説話が持つ広がりの可能性がうかがえる。

 

 【2019/09/28 追記】

 『史記正義』越王句践世家に『呉越春秋』を引いて「蠡字少伯,乃楚宛三戶人也」とあることから、范蠡荊州出身とする説は後漢初期に遡る可能性をご指摘いただいた。当該条は現行本には見られないが、張守節が見た版本には収録されていたのだろう(現行『呉越春秋』は十巻本だが、隋志および唐志によればもと十二巻本とされている)。