Archerの春秋

英語の翻訳や格闘ゲームをする人が、中国古典について書いています。

「玄」は何者か

 先日、芸文印書館の十三経注疏『左伝』を確認していて気になったこと。

f:id:Archer0921:20190615000311p:plain
f:id:Archer0921:20190615000613p:plain

鄭玄云不可以國語亂周公所定法傳玄云國語非丘明所作凡有共說一事而二文不同必國語虛而左傳實其言相反不可強合也(『春秋正義』哀公十三年疏)

 いま敢えて白文で書き起こしたが、黄池の会で血をすする順序を『左伝』は晋を、『国語』呉語は呉をそれぞれ先としていることから、『国語』の記述は『左伝』と同等に扱えるのかが争点になっている。ここでは冒頭に鄭玄の説が引用されており、さらに「玄云…」とある。しかし鄭玄の諱をわざわざもう一度書いていることに違和感を感じた。そこで参考までに北京大学の標点本を瞥見すると、以下のようになっている。

f:id:Archer0921:20190615001247j:plain

 芸文印書館本で「傳」とされていた字が「傅」になっている。つまり、疏が引用したのは鄭玄ではなく魏晋期の学者である傅玄だったのだ。

 なお、芸文印書館本で他の「傅」を含む条文を複数件確認したが、一例として、両字が比較しやすい「春秋序」の一節に対する疏の画像を以下に貼る。その違いは一目瞭然だろう。

f:id:Archer0921:20190615001826j:plain

 本記事で問題にした哀公13年の疏文には校勘が付されていないが、ここは『左伝』と『国語』に対する傅玄の認識を示す重要な一文であるだけに、残念度の高いミスである。

 

 【2019/09/28 追記】

 中華書局本『十三経注疏』では「傅玄」となっていることをご教示いただいた(ありがとうございました)。確認できたので、以下参考までに。

f:id:Archer0921:20190928234938j:plain