Archerの春秋

英語の翻訳や格闘ゲームをする人が、中国古典について書いています。

書籍紹介

京都大学人文科学研究所付属漢字情報研究センター編『三国鼎立から統一へ 史書と碑文をあわせ読む』

東京国立博物館で開催中の「特別展 三国志」。展示の開催に合わせて、三国志関係の書籍も陸続と発売されている。特に、近年発掘された出土史料とその研究成果を盛り込んだ書籍が目立つ。とはいえ、今年以前に発売された魏晋期の出土史料を扱った書籍は少なく…

小倉芳彦訳『春秋左氏伝』

『春秋左氏伝』(以下、『左伝』)といえば本朝でも古くから読まれきた漢籍のひとつであり、それだけに邦訳も多い。その中で現在最も入手しやすく、持ち運びやすいのが岩波文庫の本書であろう。 『中国古代政治思想研究―『左伝』研究ノート』(初版は青木書…

上野賢知『日本左傳研究著述年表 並分類目録』

上野賢知といえば、竹添進一郎『左氏会箋』の出典を調査した『左氏会箋遡源』で名高いが、本書は日本における『左伝』の利用について述べた若干の文章、『左伝』関連著作の一覧とその年表、そして『左氏会箋』が引用した諸書の目録(「左氏会箋引用書目」)…

私版・今だから読みたい10冊

便乗させていただく。ただし管理人のキャパが低いため10冊でご寛恕ください。 古代中国 (講談社学術文庫)作者: 貝塚茂樹,伊藤道治出版社/メーカー: 講談社発売日: 2000/02/10メディア: 文庫 クリック: 4回この商品を含むブログ (12件) を見る 講談社「中国の…