Archerの春秋

英語の翻訳や格闘ゲームをする人が、中国古典について書いています。

春秋学

杜乾光『春秋釋例引序』

南人多云此本釋例序,後人移之於此,且有題曰春秋釋例序,置之釋例之端。今所不用。(『春秋左傳正義』春秋左氏傳序) 陸曰:此元凱所作。既以釋經,故依例音之。本或題為春秋左傳序者。沈文阿以為釋例序,今不用。 『左伝正義』によれば、南北朝時代の南朝…

「玄」は何者か

先日、芸文印書館の十三経注疏『左伝』を確認していて気になったこと。 鄭玄云不可以國語亂周公所定法傳玄云國語非丘明所作凡有共說一事而二文不同必國語虛而左傳實其言相反不可強合也(『春秋正義』哀公十三年疏) いま敢えて白文で書き起こしたが、黄池の…

元気と新君即位

間近に迫った新天皇の即位を前に、新元号への関心も高まっている昨今。そのような中、以下の記事を目にすることがあった。 this.kiji.is www.j-cast.com いずれの記事でも「元気」が新元号に関連して話題になっているが、「元気」と新君の即位は深く関係する…

恵公二年?

移行時に消してしまった記事。キャッシュが残っていたのでそこから復元しました。 『春秋左氏伝』(以下『左伝』)の邦訳として広く読まれている小倉芳彦訳『春秋左氏伝』(以下「小倉訳」)。小倉氏の『左伝』研究を反映した評価の高い訳本であるが、以下の…

荊州学と服虔

尹默字思潛,梓潼涪人也。益部多貴今文而不崇章句,默知其不博,乃遠游荊州,從司馬紱操、宋仲子等受古學。皆通諸經史,又專精於左氏春秋,自劉歆條例,鄭衆、賈逵父子、陳元方、服虔注說,咸略誦述,不復桉本。(『三國志』尹默傳) 後漢末、戦乱を避けた知…

皇父之二子

ある日、『漢辞海』を読んでいて気になったこと。 同書32ページの「之」字の用例解説では『左伝』文公十一年を引いている。参考までに、前後も含めた原文は次の通り。 初、宋武公之世、鄋瞞伐宋。司徒皇父帥師禦之、耏班御皇父充石、公子穀甥爲右・司寇牛父…