Archerの春秋

英語の翻訳や格闘ゲームをする人が、中国古典について書いています。

ふたりの孫皓

詩七月正義、吳志孫皓問、月令季夏火星中。答曰、日永星火、舉中而言、非心星也。是鄭以日永星火、與心星別。今按、康成答問、蓋鄭志所載、孫皓乃康成弟子、後人因孫皓名氏、遂改鄭志為吳志。康成不與吳孫皓同時、吳志亦無此語。(『困學紀聞』卷三 詩)

 『毛詩正義』七月の疏に引用される鄭玄とその弟子である孫皓の問答について、王応麟『困学紀聞』は後代の人間が孫皓の名に引きずられて(呉帝のほうと誤認し)『鄭志』*1を『呉志』に改めたのであろう、と指摘している。

 王氏が続けて言うように、呉帝の孫皓が鄭玄と同時代の人間ではないこと、また鄭玄と弟子の問答集として『鄭志』があったことは常識の範疇であったはずで、なぜこのような誤った校訂が行われたのか少しく疑問である。

 それはさておき、諸書に引用される『鄭志』に孫皓は何度か登場するが、以下はその一例である。

鄭玄荅孫皓曰、凡自周無出者、周無放臣之法、罪大者刑之、小則宥之。(『春秋正義』成公十二年疏)

 孫皓の質問は引用されていないが、鄭玄は周に臣下を国外追放する法はなく、罪が大きい者には刑を加え、小さい者は許すのである、と答えている。

 いっぽう、呉帝の孫皓は暴君として悪名高く『三国志』はその苛烈さを次のように記している。

宴罷之後、各奏其闕失、迕視之咎、謬言之愆、罔有不舉。大者即加威刑、小者輒以為罪。(『三國志孫皓傳)

 宴会の後、側近が迕視や謬言といった出席者の落ち度を奏上し、孫皓はその大きい者には即座に威刑を加え、小さい者も例外なく罪とした、という。鄭玄は弟子の孫皓に小さい罪は許すのが周法と答えたが、呉帝の孫皓は大小に関係なく罰したのである。無論、時代も違えば、亡国の君主にありがちな誇張された暴君説話の可能性もあるが。

*1:鄭玄の孫である鄭小同が鄭玄とその弟子の問答を記録した書。

鄭玄は『武陵太守星伝』を読んだか?

以禋祀祀昊天上帝、以實柴祀日・月・星・辰、以槱燎祀司中・司命・飌師・雨師。(『周禮』春官大宗伯)

【鄭注】司中・司命、文昌第五第四星、或曰中能上能也。

【賈疏】案、文昌第四云司命、第五云司中。此經先云司中、後云司命、後鄭欲先說司中、故先引第五證司中、後引第四證司命、故文倒也。案、武陵大守星傳云、文昌宮六星、第一曰上將、第二曰次將、第三曰貴相、第四曰司命、第五曰司中、第六曰司祿。是其本次也。云或曰中能者、亦據武陵大守星傳而言

  『周礼』大宗伯の司中・司命について、鄭玄は文昌宮の第五・第四星であり、ある説はこの2星がそれぞれ中能(中台)と上能(上台)であるとしている、と解説している。これを承けて賈公彦は『武陵太守星伝』なる書物の一条を引用し、鄭玄が「ある説は中能と言う」と言うのはこの『武陵太守星伝』に依拠したのだ、と案語で述べている。

 賈公彦が引いた『武陵太守星伝』は、後漢末に劉表が武陵太守の劉叡に命じて編纂させた『荊州占』のことだろう(『旧唐書』経籍志には「荊州星占二卷劉表撰。又二十卷劉叡撰」、『新唐書』芸文志にも「劉叡荊州星占二十卷」とある)。

圖緯舊說,及漢末劉表荊州牧,命武陵太守劉叡集天文眾占,名荊州占。(『晉書』天文志)

 劉表荊州入りするのは中平6(189)年の霊帝崩御後まもなく、『晋書』のいう荊州牧になるのは李傕・郭汜の長安入り後のためさらに遅れて初平3(193)年のことである。鄭玄『周礼』注は鄭玄が党錮の禁で蟄居していた期間に完成されたと考えられ*1、最終的に党錮が解かれるのは光和二(179)年のため*2、どう考えても劉表荊州入りより後になることはない。

 となると、鄭玄は『周礼』注制作時に『武陵太守星伝』(『荊州占』)を見ることができないはずであり、賈公彦の疏は正鵠を射たものではないと思われる。

*1:遭黨錮之事,逃難注禮。(『文苑英華』引『鄭君自序』)

*2:丁酉,大赦天下,諸黨人禁錮小功以下皆除之。(『後漢書』孝靈帝紀

王引之

 先日、とあることで野間文史「読五経正義札記」(『東洋古典学研究』第8号)を読んでいた。『毛詩正義』に複数回登場する「王述之」および服虔『春秋左氏伝解誼』の引用を例に、『五経正義』の疏文における人名・書名、ならびに佚書の引用範囲の確定について論じたものである。

 「王述之」について、まず野間氏は自らが目睹した『毛詩注疏引書引得』(哈仏燕京学社、1937年)がこれを人名としていることを挙げ、『隋書』経籍志にその名が確認できることを示す。次に、「王述之」を含む疏文を馬国翰『玉函山房輯佚書』が「毛詩王氏注」として収録していることを指摘し、人名ではなく「王(粛)之を述ぶ」である(無論、清儒が訓読するわけはないのだが)ことを挙げる。

 この後、野間氏は「王述之」は後者が正しいことを論証するのであるが、長々と書くのも気が引けるので割愛。それよりも、管理人の興味を引いたのが野間氏の最後の言である。

 漢文世界でよく引き合いに出される「王引之」を「王 之を引く」と訓んだという笑い話(?)を、筆者はなかなか笑う気にはなれないのである。

 この話題は、中国学・漢文に興味をお持ちの方なら一度は耳にしたこと(あるいは目にしたこと)があるのではないだろうか。清儒の王引之(おう・いんし)を人名と判別できず、誤って訓読したのが「王 之を引く」である。

 それでは、「王述之」のように、誤りではなく「王 之を引く」と読める「王引之」は無いのだろうか。

王喜說、報博書曰、乃者詔下、止諸侯朝者、寡人憯然不知所出。子高素有顏冉之資、臧武之智…(『漢書』卷八十 宣元六王傳)

【顔注】顏、顏回也。冉耕也、字伯牛。皆孔子弟子。論語孔子曰、德行顏淵・閔子騫冉伯牛・仲弓。臧武者、魯大夫臧武仲也、名紇。論語孔子曰若臧武仲之智、故王引之為言也。

 ここでは、前漢末の淮陽憲王(劉欽)が張博のことを顔回と冉耕、臧武仲に擬えている。『漢書』注釈者の顔師古はこの評価が『論語』の孔子の言葉を典故としていることを挙げ、最後に「故王引之為言也」と注している。

 この「王引之」は文脈からも、そして唐代の顔師古の注であることからも清儒の王引之とは読めず、「故に王 之を引きて言を為すなり」と訓ずべきであろう。笑い話ではなく王が引用している、確かな例である。

分散する名族

 今年の初買いとなったこの本を読んでいたところ、以下の逸話が興味を引いた。

齊文襄嘗言肇師合誅,左右問其故,曰,崔鴻十六國春秋述諸僭偽而不及江東。左右曰,肇師與鴻別族。乃止。(『北史』崔亮傳附崔肇師傳)

 斉の文襄帝(高澄)はかつて「崔肇師を誅殺すべきだ。」と言った。側近の者たちがその理由を聞いたところ、文襄帝は「崔鴻『十六国春秋』は諸々の僭偽(非正統王朝)のことを記述したが、江東の諸王朝(東晋・劉宋・蕭斉・蕭梁)のことを記さなかったからだ。」と答えた。側近たちは「しかし、崔肇師は崔鴻とは別系統の一族であります。」と言った。そこで崔肇師を誅殺するのを止めた。」(以上、訳は上掲書P.61に従った。)

 崔肇師は祖父の『北史』崔亮伝によれば崔琰の後裔、本貫地を清河東武城とする清河崔氏である。対して『十六国春秋』編者の崔鴻について、『魏書』はその先祖である崔曠の本貫地を「東清河鄃」としており、他の清河崔氏とは異なる存在である認識を持っていたとされる

 この逸話からは、魏晋期に名門とされた崔氏が南北朝期に枝分かれしていった様子をうかがうことができるが、同様の例は他にもある。

初,密太后父豹喪在濮陽,世祖欲命迎葬於鄴,謂司徒崔浩曰,天下諸杜,何處望高。浩對京兆為美。(中略)中書博士杜銓,其家今在趙郡,是杜預之後,於今為諸杜之最,即可取之。詔召見。(『魏書』杜銓傳)

 ここで北魏の世祖(太武帝)は崔浩に、天下の杜氏の中で最も声望が高いのはどの家か、と質問している。杜氏といえば杜預を出した京兆杜氏であるが、崔浩が杜預の後裔とした杜銓が趙郡に居住していたように、南北朝期には襄陽や中山などにも杜氏がいた。上記の崔氏の逸話とあわせて考えてみると、戦乱の影響でかつての大族が各地に分散し、その系統を把握することが難しくなっていたようである。

 なお、崔浩は清河東武城を本貫とする清河崔氏であるが、『魏書』において父の崔玄伯は「魏司空林六世孫」と崔林(崔琰の従弟)の後裔とされている。したがって、崔琰の後とされる崔肇師とも、東清河鄃を本貫とする崔鴻とも別系統である。

孫検

孫檢曰,秦虜楚王負芻,滅去楚名,以楚地為三郡。(『史記』卷四十 楚世家『集解』)

裴注頻引孫檢,不知其人本末,蓋齊人也。(同 『索隱』)

按:年表作惠公伯雉,注引孫檢,未詳何代,或云齊人,亦恐其人不注史記今以王儉七志、阮孝緒七錄並無,又不知是裴駰所錄否?(卷三十五 管蔡世家『索隱』)

 『史記』三家注の中には今では散佚した『史記』および『漢書』の注釈書が引用されているが、その中には経歴がよくわからない注釈者もいる。

 『集解』の裴駰がしばしば引用する孫検もその一人で、『索隠』の司馬貞は詳細不明としたうえで、斉人とする一説を紹介する。また、『史記』の注釈者ではないのではないかと推測し、南朝で作成された図書目録である王倹『七志』および阮孝緒『七録』に載録されていない、と述べている。

 ただ、次の『集解』の一文から、孫検がいつの時代の人なのかを特定できる。

瓚曰,今南鄉酇縣也。孫檢曰有二縣,音字多亂。其屬沛郡者音嵯,屬南陽者音贊。按茂陵書,蕭何國在南陽,宜呼贊。今多呼嵯,嵯舊字作䣜,今皆作酇,所由亂也。(卷五十三 蕭相國世家『集解』)

鄒氏云,屬沛郡音嵯,屬南陽音贊。又臣瓚按茂陵書,蕭何國在南陽,則字當音贊,今多呼為嵯也。(同『索隠』)

 ここでは瓚(臣瓚)の次に孫検の説が引用されている。注釈においてどこまでが本人の説で、どこからが他説の引用であるか/他者の説であるかは常に頭を悩ませる問題であるが、次の『索隱』に「臣瓚按茂陵書」とあることから、『集解』の「按茂陵書」の前に引用される孫検の説は臣瓚が引用したものと判断してよい。

 臣瓚は顔師古『漢書敘例』によれば晋初(西晋)の人という*1。であるならば、孫検は臣瓚と同時代かそれ以前の人物だろう。

*1:有臣瓚者,莫知氏族,考其時代,亦在晉初,又總集諸家音義,稍以己之所見,續廁其末,舉駮前說,喜引竹書,自謂甄明,非無差爽,凡二十四卷,分為兩帙。

杜乾光『春秋釋例引序』

南人多云此本釋例序,後人移之於此,且有題曰春秋釋例序,置之釋例之端。今所不用。(『春秋左傳正義』春秋左氏傳序)

陸曰:此元凱所作。既以釋經,故依例音之。本或題為春秋左傳序者。沈文阿以為釋例序,今不用。

 『左伝正義』によれば、南北朝時代南朝では杜預『春秋経伝集解』(以下『集解』)の序を『春秋釈例』の序と認識する学者が多く、陸徳明によれば梁~陳の沈文阿もその名を『釈例序』としていたという。

春秋釋例十五卷杜預撰。梁有春秋釋例引序一卷,齊正員郎杜乾光撰,亡。(『隋書』經籍志 經籍一)

 さて、隋志は南斉の杜乾光による『春秋釈例引序』が梁に所蔵されていたことを記録している。杜乾光は『周書』杜叔毗伝に「杜叔毗字子弼。其先,京兆杜陵人也,徙居襄陽。祖乾光,齊司徒右長史。父漸,梁邊城太守」とあるその人だろう。京兆杜陵の人、つまり杜預の後裔である。

 上記の杜叔毗は『左伝』に最も長じていたと評されており、杜預の玄孫である杜坦とその弟の杜驥が劉宋において青州刺史となり斉地にその学問を伝えていた*1

 そのような京兆杜氏に連なる杜乾光が『集解』序を『釈例』序と誤認したとは俄かには信じがたいのであるが、『正義』と隋志を読んでいて目に留まったのでネタ切れ解消の博雅の教示を乞うため、書き記しておく。

*1:晉世,杜預注左氏。預玄孫坦、坦弟驥,於宋朝並為青州刺史,傳其家業,故齊地多習之。(『北史』儒林伝 上)

京都大学人文科学研究所付属漢字情報研究センター編『三国鼎立から統一へ 史書と碑文をあわせ読む』

 東京国立博物館で開催中の「特別展 三国志」。展示の開催に合わせて、三国志関係の書籍も陸続と発売されている。特に、近年発掘された出土史料とその研究成果を盛り込んだ書籍が目立つ。とはいえ、今年以前に発売された魏晋期の出土史料を扱った書籍は少なくない。表題の書籍もその中の一冊である。

 本書は魏晋期の石刻史料に焦点を当てた4本の論考より構成されている。いずれも出色の内容ではあるが、長々と書くのも気が引けるので、管理人おすすめの藤井律之「魏から晋へ―王基碑―」を紹介したい。

 王基碑(厳密には碑文に王基の名は確認できないが、記された官歴や没年などが『三国志』王基伝と一致するためこう呼ばれる)は清の乾隆年間に出土した碑。当時まだ彫られていない朱色の文字が残っていたと伝えられていたが、記録されなかったためその内容と文体について喧々諤々の議論が交わされてきた。

 同碑には2つの謎があるという。ひとつは碑文の本来の姿、そしてもうひとつは碑文が未完成に終わった理由である。前者について著者は従来の説を批判しつつ擡頭や押韻といった点から王基碑の復元を試みるのであるが、その手法は中国公文書の書法の解説としても読者は得られるところが多いだろう。

 次に後者であるが、著者は司馬懿がクーデターにより曹爽一派を駆逐した正始政変の影響を読み取る。碑文の製作者である故吏と碑文により顕彰を受けるその上司との関係に触れ、故吏にとって碑文制作はとりもなおさず官界進出のためのアピールであり、またこれは逆にかつての上司が罪を犯した場合は連座するリスクもあった、とする。

 王基もまた司馬懿に放逐された曹爽の故吏であり、そのため河南尹への任命をとりやめられるほどであった。しかし政変後に司馬氏に転じ文欽・毌丘倹の乱で許昌の兵を率い、諸葛誕の乱では諸軍を監督してその鎮定に功績を挙げた。

 王基は魏の末期である景元2(261)年に死んでいるのであるが、晋王朝成立後に死亡した盧欽らとともにその家に穀物が下賜されている。また、『水経注』によれば王基の死後、その末娘が晋の梁王に嫁いでいる。魏の臣として死んだ王基は晋王朝から積極的に顕彰されることになったのである。

 著者によれば王基碑は司馬懿を皇帝として扱っていないことから(碑文の「後辟大将軍府」の「大将軍」が司馬懿に比定されるため)、西晋期ではなく王基没から魏滅亡までの数年間に作成されたという。魏への忠義を表に出せなかったこの時期、魏の臣として王基を顕彰する碑はその一族にとって迷惑以外の何物でもなく、そのため途中で制作放棄されたのであろう、と著者は結論づける。

 著者が提示する王基碑制作放棄の背景からは、魏晋革命に翻弄される士大夫とその一族の姿が見えてくる。また、碑文の制作には時間がかかり、その間に政変が起こり労力が無駄になるリスクがあったことも読み取れる。

 この後、晋の梁王に嫁いだ王基の末娘と東晋建国に話は及ぶのであるが、それは割愛する。ただ、いずれも歴史の皮肉を感じさせるもので、本論考の「オチ」とも言える内容となっているので、ぜひ読んで欲しい。